図南病院,静脈,腐る,壊死,潰瘍,足,糖尿病,動脈硬化
2015年12月7日更新
床ずれ,壊死,潰瘍

治らない,病院,糖尿病


潰瘍

潰瘍に関する情報はこちら

詳しくはこちら

糖尿病

糖尿病に関する情報はこちら

詳しくはこちら

壊死・足の疾患

壊死・足の疾患に関してはこちら

詳しくはこちら

  • 図南病院 足,静脈,傷の病院,糖尿病,切断,けが,しびれ,床ずれ,治らない,壊死,潰瘍のサイト


    < 創傷になる前に・・・>

    ~創傷ケアセンターの次なるミッション~

     

     

     

    < 私達の足について >

    ★足は26本の骨、33の関節、107のじん帯、そして
    19の筋肉からなる複雑な器官。

    ★人体の骨(206本)の1/4がくるぶしから下に位置し、
    そこに構造に歪みが生じると、身体全体にもその歪み
    の影響が現れる。

    ★ほんの数%の人口のみが、生まれつきに足の問題を抱えている。

    ★人口の4人中3人が一生のうち一度は深刻な足の問題を経験する。

    < 足のタイプ >

    私達の足は生まれながらの骨格整列や筋肉の弾力の差により様々な足のタイプに分かれます。

     

     

     

     

     

    < 足の三大機能 >

    1. 地面からの衝撃を吸収
    着地時には足関節はルーズな状態で半身になることに
    より衝撃を緩和し、膝や腰、首、顎、脳を保護。

    2. 路面環境への適応
    凹凸、斜面でも転ばず身体を安定させる。

    3. テコの原理で身体を前進
    中足骨骨頭部を支点とし、股関節までがテコとなり、
    小さな力で身体を前進させる。

     

    足部のアブノーマルな動き(過回内・回外等)は適切な足の機能を阻害し、様々な問題の発信源となります。

    < 足部の問題から多く見られる一般的な悩み >

     

     

     

     

     

    足部のアブノーマルな動きは、局所的な圧の発生や足部の変形の原因となります。
    局所的な圧や足部の変形は、様々なタイプの創傷患者にとって高いリスク要因となります。

     

    < オーソティクスとは? >

    ★生体力学に基づき身体構造に合わせた
    機能的な靴の中敷です。

    ★ オーソティクスには大きく分けて2つのタイプがあります。
    - コントロール: 足をより機能的なポジションへコントロールするタイプ
    - アコモデイティブ: 足の状態や症状に合わせて処方される適合タイプ
    創傷ケアに於いてはアコモデイティブ・タイプのオーソティクスが患者へ処方されることが一般的です。

    ★ それぞれの足に適した形状で且つ、症状や目的に合った適切なオーソティクスや靴の使用は創傷発症予防のリスクマネジメント上、不可欠なアイテムです。

    ★ 適切なオーソティクスや靴による足部への圧や摩擦の除去は創傷の発生を阻止する上で必須事項です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    <足裏に点でかかる圧を面で支え分散>

     

     

     

     

     

     

     

    < 保護・予防・バランス向上 >

    人間の足は建物の基礎と同じで、基礎(足のアーチ)が崩れると、
    上体を支える際の身体のバランスが低下します。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    < 医療現場からの声 >

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    < 適切な靴を選びましょう >

    ★ファッション性が重視され過ぎている靴は、足の機能を無視した構造が多く、足本来の機能を阻害する危険があります。厚底靴やヒールなどでは、履くことによってかえって身体のバランスを低下させ、身体に疲労が生じたり転倒や捻挫を起こす危険が高くなります。足のサイズに合っていない小さな靴などは足趾の変形の原因ともなります。

    ★特に創傷発症のリスクにある患者には適切な靴の
    処方が必要です。圧や摩擦に極端に弱い創傷リスク
    患者は靴内部の縫い目でも創傷を発症します。

     

     

     

     

    < 靴選びのポイント >

    ① 自分の足の形・大きさに合っているもの。
    ② 指先に1cm程のゆとりがあり、靴の中で指先が
    動かせるもの。
    ③ かかとを覆う部分が硬く、しっかりしているもの。
    ④ 足の甲が圧迫されないもの。
    ⑤ 指の付け根部分で曲がるよう設計されているもの。
    ⑥ 内部に縫い目のないもの。
    ⑦ 患者の目的や症状に適しているもの。

     

     

    【潰瘍,足,傷】【動脈硬化】【足,静脈】【糖尿病,腐る】
    【床ずれ】【壊死】【足,傷】【潰瘍,足】

    横浜総合病院日本赤十字社医療センター・ 洛和会ヘルスケアシステム・ 庄内余目病院・ 八尾徳洲会総合病院・ 図南病院・ 鹿児島徳州会病院・ 熊本機能病院・ 仙台病院・ 大垣市民病院・ 大分岡病院・ 土谷総合病院・ 岩切病院・ 鶴巻温泉病院・ 原土井病院・ 北海道循環器病院・ 心臓病センター榊原病院・ 東葛クリニック病院

ページのトップへ戻る